主婦的な暮らしとその周辺

Around Shufu Life

お買いもの キッチン

オクソー サラダスピナーのフタが洗えずカビ&臭いが…透明の新モデルに買い替えました

投稿日:2017-09-19 更新日:

野菜の水切りには、5年前から「オクソー(OXO)のサラダスピナー」を愛用しています。

OXO サラダスピナー 旧モデル

片手でノブを押すだけで、しっかり水切りできるので、とくにサラダを作るときに重宝しています。

水滴が残らないので、シャキッとおいしいサラダになるんです。一度使うと手放せなくなります。

オクソーサラダスピナー5年の経年劣化

そんなサラダスピナーですが、最近、劣化を感じるようになりました。とくに気になったのは、以下の2つです。

プラスチック部分から異臭がする…

サラダスピナー 中カゴ

今回、買い替えの決め手となったのが、中カゴのプラスチック部分からの臭いです。

一度ボウルや中カゴをきちんと洗って乾かしておいても、使うときにフタを空けると、むわっとプラスチック臭というか、ワキガ臭というか?いやな臭いがするようになりました。

野菜に移るほどでもないのですが、使うたびにテンションが下がるので、どうにかしたいなぁと。

フタの内部にカビが発生する…

旧タイプのサラダスピナーは、フタが白いプラスチック製で、分解ができない仕様です。

なので洗えないんですよね。ネットなどで分解して洗っている方もいらっしゃるようですが、もちろん壊れたら自己責任ですし。

サラダスピナー 内蓋の間のカビ

内ブタのすき間をのぞくと、黒い点々がぽつぽつと…(><)使っているうちにいつの間にか、カビが発生してしまったようです。

これまで見てみぬふりをしてそのまま使っていましたが、さすがに耐えられなくなってきました。

フタが分解できる新しいモデルに買い替えました

…というわけで、今回思い切って買い替えることにしました。

これまで感じていた不快感がまったくなくなって、ホントに快適です。早く買い替えればよかったよ…(!!)

オクソー サラダスピナー 新モデル

旧タイプと比べると、本体は丸い形状のものから、安定性のある円筒型に。フタは不透明の白色から、透明になりました。

OXOサラダスピナー 比較

新しいモデルはフタが分解できるし、透明なので汚れたらすぐにわかります。フタも洗えるので、これならカビが発生することはなさそうです。

分解できるフタ

臭いはどうでしょうか…数年使い続けると、やはり劣化で臭いがでるのかもしれませんが、これは実際に使ってみてまた数年後に振り返りたいと思います。

新モデルのおすすめポイント

実際に使ってみて、いいな!と思ったところをまとめました。

  • 内ブタが取り外しでき、洗えるようになった!
  • 内ブタは引っ張るだけでかんたんに取り外しできます。

  • (ノブを押し込んだまま固定できるので)そのまま冷蔵庫に入れておける
  • ▼旧モデルよりフタの形状がフラットになりました。
    フラットな蓋の形状
    画像引用:Amazon

  • 食器洗い乾燥機(低温設定)が使える
  • 耐熱温度は、フタ、ボウルが「80℃」、中カゴが「120℃」です。中カゴだけでも食洗機が使えると、お手入れが楽ですよね。

まとめ

キッチンのお気に入りアイテム「OXO サラダスピナー」を買い替えた経緯と、おすすめポイントなどをご紹介しました。

これまで、あれこれ洗い方や臭い取りを試したものの、なかなか上手くいきませんでしたが、買い替えたらあっという間に解決しました(^^;)

カビや臭いでお困りの方、私のほかにもいらっしゃるかと思いますが、そんなになってしまうほど使い込んだ!(消費しきった!)と認めて、買い替えるのも一つの手じゃないかな~、と思います。

-お買いもの, キッチン

Copyright© Around Shufu Life , 2018 All Rights Reserved.