主婦的な暮らしとその周辺

Around Shufu Life

ウェブサービス

「MFクラウド確定申告」を1ヶ月だけ有料版にして確定申告を乗り切るために注意したいこと

投稿日:2017-03-17 更新日:

MFクラウド確定申告 トップページ

確定申告シーズンは終わってしまいましたが、来年のために備忘録として残しておきます。

私は個人事業主(フリーランス)として活動していて、3年前から青色申告で確定申告をしています。

確定申告ソフトは「MFクラウド確定申告」を利用していて、このソフトを使い始めて2年目の確定申告でした。

確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」
確定申告ソフトならマネーフォワードの「MFクラウド確定申告」。無料で始められてMacにも対応のクラウド型確定申告フリーソフトです。青色申告や白色申告に対応。確定申...

「MFクラウド確定申告」は普段は無料の「フリープラン」を利用していますが、確定申告シーズンだけ月800円の「ベーシックプラン」に切り替え、その時期に無理やり1年分すべての記帳をして必要書類を作成して確定申告する、というパワープレイをしています。(意外とどうにかなってます)

去年は2月と3月の「2ヶ月間だけ」有料版に切り替えて、確定申告を終えたのですが、今年は2月の「1ヶ月だけ」を有料版にして乗り切りたい!と頑張ってみました。

結果、失敗しまして(w)、やっぱり2ヶ月間必要になってしまいましたが、その時にミスったことをまとめました。同じようにケチな節約家な方のお役に立ちましたら幸いです。

有料版(ベーシックプラン)に切り替えたときにやっておくこと

  • その年度のすべての仕訳入力
  • 確定申告必要書類の作成
  • 次年度繰越

3つ目の「次年度繰越」が重要!!ここまでやっておくのが安心です。

次年度繰越の場所
▲「次年度繰越」はここにあります

なぜかというと。

私は確定申告必要書類の作成後、無料版に戻してから「次年度繰越」をしたのですが、次年度へ引き継ぎたい期末残高の値を見ると、なんと、あってはならないマイナスの数字が・・・(><)

期末残高の誤り

この時点で「仕訳入力の誤り」に気がつきます。これまでの入力を見直すと、いくつか仕訳を修正しなければならなくなりました。

しかし無料版に戻しているせいで、無料版の制限である月15件の仕訳を軽く超えているため、新規の仕訳を入力できなくなっていました・・(すでにある仕訳を修正することは可能なのですが)

結局、再度有料版にして修正をするハメになってしまいました。がっくりorz

もちろん、それまでの仕訳入力が間違いなく完璧にできている場合は、無料版で「次年度繰越」をやっても問題ないんですけどね。

「次年度繰越」で入力の間違いに気がつきやすいので、ここまでやっておくと安心ですよ〜、という話でした。

(参考)「MFクラウド確定申告」のプラン変更のやり方

フリープランとベーシックプランのプラン切り替えは結構かんたん!

無料版(フリープラン)から有料版(ベーシックプラン)にする方法

画面右上の「事業所名/年度」タブから、「プレミアムサービス申込み」を選択します。

MFクラウド確定申告 キャプチャ画面

「ベーシックプランに登録」を選択します。

MFクラウド確定申告 キャプチャ画面

料金プラン「ベーシックプラン月額払い」を選択し、クレジットカード情報を入力して登録します。

有料版(ベーシックプラン)を解約して無料版(フリープラン)にする方法

画面右上の「事業所名/年度」タブから、「プレミアムサービス申込み」を選択します。

MFクラウド確定申告 キャプチャ画面

「プレミアムサービスを解約する」を選択します。

解約理由を入力して「解約」を選択すると完了です。(解約理由は無記入でも大丈夫です)

MFクラウド確定申告 キャプチャ画面

まとめ

以上、「MFクラウド確定申告」を確定申告シーズンだけ有料版にするときに注意したいことでした。

来年はこれを踏まえて、有料版は1ヶ月だけで確定申告を乗り切りたいところです。

(こんなところでケチってないで、その分いっぱい稼げばいいんですけどね〜・・・(*´σー`)

確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」
確定申告ソフトならマネーフォワードの「MFクラウド確定申告」。無料で始められてMacにも対応のクラウド型確定申告フリーソフトです。青色申告や白色申告に対応。確定申...

-ウェブサービス

Copyright© Around Shufu Life , 2018 All Rights Reserved.