主婦的な暮らしとその周辺

Around Shufu Life

ビールイベント 日記

ビールと料理をどう組み合わせるかを学べる「ビールと料理のペアリング」セミナーを受講してきたよ

投稿日:2017-02-19 更新日:

ビールセミナー受講票

先日、キリンが主催するビールセミナーを受講してきました。

キリンのビールセミナーは定期的に開催されてはいるものの、申し込んでもなかなか抽選に当たらない高倍率のセミナーなのです。

今回も運よく繰り上げ当選でした!うれしーー!というわけで、早速参加レポです。

キリンビールセミナーの受講は今回で2回目でした。前回のレポはこちら↓

キリンビールセミナーは大人のデートにもおすすめ!「ビールの『つくり方』実感講座」を体験してきたよ
ビール好きの彼に誘われ、「キリンビールセミナー」を初体験してきましたのでレポートします。キリンビールセミナーは、キリンが「横浜」と「代官山」で定期開催してい...

おうちでも参考にしたい!ビールと料理のペアリングが体験できる

今回のテーマは「ビールと料理のペアリング」です。

わたしたちが感じる「おいしさ」とは何か、ペアリングとは何かを簡単に学習したあと、実際にペアリングしたビールと料理を、試飲・試食できる講座です。

人はなぜ美味しいと感じるのでしょうか? 味覚の仕組みをもとに、ビールと料理を組み合わせます。実際にレストランで提供している料理と、クラフトビールのペアリングを体感しながら、なぜこの組み合わせが良いのか体験できる講座です。

会場は、キリンビール横浜工場内にあるレストラン「スプリングバレーブルワリー横浜」です。

スプリングバレーブルワリー横浜

2階席へ案内されると、18席ほどのセッティングがしてあり、正面には小さなスクリーンが設置されていました。

スプリングバレーブルワリー横浜

講座の流れに沿って、かんたんに内容をご紹介します。

わたしたちが感じる「おいしさ」とは

まずは、わたしたちが感じる「おいしさ」って何?ということから、話が始まりました。

おいしさを感じるメカニズムとして、5つの基本味(きほんみ)があります。「甘味・塩味・酸味・苦味・うま味」の5つですが、それ以外にも「辛味・渋味」などありますね。

そんな「味覚」だけではない、おいしさを感じるしくみとしては、風味であったり(コクや香り)、食味であったり(テクスチャー・温度・色や光沢・音)。食事環境やこれまでの食生活、食べるときの体調なども、おいしさを左右する要素です。

おいしさの構成要素
画像引用:味香り戦略研究所 おいしさの構成要素

うまみの実験

途中、「うま味の相乗効果」を感じることができる実験がありました。2つの試飲カップに注がれた透明な液体を、片方ずつ飲んでみます。

1つ目ではあまり感じなかった味が、2つ目を口に含んだとたんに広がるうま味が!まさに相乗効果を感じられる体験でした。

ペアリングとは

ペアリングとは、料理とビールの「組み合わせ」のことをいいます。

最近よくワイン用語で「マリアージュ」という言葉を聞きますが、ペアリングはマリアージュとほぼ同じ意味だと思っていいそうです。同じ意味ですが、ワインだとマリアージュ、ビールだとペアリングと使い分けているそう。(調べてみると言葉の意味については諸説あるようでここでは省略…><)

ペアリングの相性の見方として、

  • 相乗
  • 調和
  • 料理が引き立つ
  • ビールが引き立つ
  • (料理の油や匂いなどを)消す、洗い流す

といった視点が紹介されていました。

これは相乗してるかな?調和してるかな?料理が引き立っているかな?・・などと1つずつ確認していくと、私のような初心者がペアリングをするときの指標となりそうです。

ビールと料理を合わせよう

さて、ここからがお待ちかね!実際にビールと料理のペアリングを試していきます。

ちなみに、ここで提供されるビールは、スプリングバレーブルワリー(SVB)の定番クラフトビール6種類です。これですね↓

SPRING VALLEY BREWERY 6種類の定番ビール
画像引用:スプリングバレーブルワリーの特徴・商品ラインナップ|キリン公式通販DRINX

ペアリングのやり方としては、「まずビールを少し飲んで味わい→料理をひと口食べて→口の中の料理がなくなるくらいにまたビールを飲む」という順番でやります。

「496」と「スモークアーモンド」

アーモンドのほのかな甘みやスモーキーな風味が、496の苦味とうまく調和します。

「496」と「スモークアーモンド」

「COPELAND」と「シェーブル」

シェーブルとはヤギのチーズのこと。シェーブルの塩味とコープランドの麦芽のフレーバーがマッチします。

「COPELAND」と「シェーブル」

「Daydream」と「クレソンの生ハム巻き」

クレソンの苦味と生ハムの脂味や塩味が、デイドリームがもつ柑橘のフレーバーとマッチします。

「Daydream」と「クレソンの生ハム巻き」

「on the cloud」と「ゾンネブルーネとスモークサーモンのオープンサンド」

料理に使われているサワークリームや玉ねぎの酸味と、オンザクラウドがもつフレッシュなフレーバーが合います。

「on the cloud」と「ゾンネブルーネとスモークサーモンのオープンサンド

「JAZZBERRY」と「自家製スモークのバーベキューリブ」

ジャズベリーの酸味とバーベキューリブのうま味・脂味がマッチします。

「JAZZBERRY」と「自家製スモークのバーベキューリブ」

「Afterdark」と「チーズケーキ」

チーズケーキの甘味やうま味と、アフターダークのロースト感が調和します。

「Afterdark」と「チーズケーキ」

ペアリングを終えて

以上、6種類のビールと料理のペアリングを楽しみました。

ペアリングを体験するといってもなかなか難しくて、その組み合わせがなぜいいのか?相乗しているのか調和しているのか?よーーく味わってみてもわからないものもありました(><)

講師の方の解説を聞くと「なるほど……そうかも……」と思いますが、味だけで実感するにはまだまだ経験が足りないようです。

ただ、ビールも料理もとてもおいしかったし、ビール単体では「ちょっと苦手だなぁ」と感じる銘柄でも、料理と合わせることでおいしく感じたのが自分でもビックリ。ペアリングでビールの味わいがかなり変わることが実感できました。

もっといろんな種類のビールと料理のペアリングを試してみたいですね。

▼最後に配られた「ペアリングのポイント」資料
ペアリングのポイント

あとは、スプリングバレーブルワリー(SVB)のクラフトビールがどれも飲みやすかったのが印象的。

もともと苦手に感じていた黒ビールやホワイトビール系の銘柄でも、わりとイケるしこれなら飲める!という感じ。日本人向けに作られているからかな?苦手意識をもたずにいろいろ試した方がいいですね。

ペアリングの基本のき

最後に講師の方が教えてくれた、ペアリングの基本のきをご紹介。

迷ったら 色で合わせる、といいんだそう。

たとえば、、、(黄色い)から揚げには(黄色い)ビール、(ピンクの)サーモンには(ピンクの)ロゼ、(赤い)マグロには(赤い)ワイン、、、

といった感じで、まず「色」で合わせると大外しはしないそうですよ。

まとめ

スプリングバレーブルワリー横浜

というわけで、ビールセミナー「ビールと料理のペアリング」の参加レポでした。はりきって書いたら長くなってしまった・・・(><)

今回はお昼時にあるセミナーだったので、ランチ代わりになるかな~と考えていましたが、結局セミナー後にまた食事にいったくらいに料理の量は少なめでした。前もって軽く食事してから参加しても大丈夫かも。

ただビールの量はジョッキ1.5杯分ほどいってたようで(!)小さいグラスで飲むのでそんなに飲んだ気にならないのですが、意外に酔いますのでご注意を。

セミナーの内容は充実してたので大満足!家でビールを飲むときは、たまには料理とのペアリングも考えてメニューを決めたいですね。たまには。(だって毎日飲んでるから…)

そうそう!お土産もありました。試飲でも使った、SVBのロゴのついた小ぶりの「テイスターグラス」でした。

▼スタッキングしても可愛い♪
SVBテイスターグラス

キリンビールセミナー│キリンビール大学|エンタメ・レシピ|キリン
さまざまな視点からビールの魅力に迫るキリンのビールセミナー。ビールに関するあらゆる好奇心を満たす多彩なラインナップで、新しいビールの魅力をお届けします。

-ビールイベント, 日記

Copyright© Around Shufu Life , 2018 All Rights Reserved.